パスタ

こんにちは

パスタをおいしく作るにはどうしたらよいか?とよく聞かれる。正直、私が聞きたいくらいだ。
おこがましいが、あえてお答えするなら「お化粧」と同じではないかと勝手に思っている。

下地づくり、お化粧ノリをよくするために必要ですよね。パスタで言うと、これは麺を茹でる作業。味がノリやすくするために茹で汁の塩分は適正でなければならない。
後から足す塩は浸透しづらく、塩が前にきてしまい、味に一体感が生まれない。
これは、お化粧が浮いている状態に似ているか・・・

知ってる風に言うが、私はお化粧したことはない。

いまや、ラーメンに並ぶ国民食的な存在になったパスタ。ご家庭にあるものでいろんなアレンジがきく。だから、作り方のアドバイスをするなら、私はいつもこの一点のみ。茹で汁の塩分を間違えないで。それだけ。

ある程度の工程さえわかっていれば、誰でも60点くらいの味が出せるのがパスタのいい所。ただ、そこからの40点が果てしなく遠いのですがね。。。

料理人歴25年、私でもまだ62点くらいかな。。

カテゴリーBlog